女性建築家/矢代恵のブログ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
大阪薪能

 

8月11日(金)、先日プレゼント頂いたチケットで「大阪薪能」へ。

 

谷町九丁目は古くからの寺町。

暫くぶりに訪れた町は、お寺と歓楽街が共存しているちょっと不思議な佇まい。

 

昔から、お寺やお墓がある街や跡地には歓楽街が栄える。

亡くなられた人の魂が、寂しいので人が来られることを喜んで迎えるからだとか…

 

 

今までに何度か薪能は観させていただきましたが、生國魂神社での「大阪薪能」は初めてです。

 

大阪の夏の風物詩「大阪薪能」は470年前にの演能に由来し、

昭和31年から今年で61回目、大阪の文化の一つとして受け継がれている。

 

境内に組まれたのは竹の仮説能舞台。

柱は役割があり位置が決まっているので、竹はかなり太めです。竹に照明を仕込んだり、

これを組むのにどれだけの大変な舞台裏だろう…

 

こうして、創っては壊しまた創る、

脈々と続く裏にある人々の想いをついつい考えてしまう。

 

 

 

第一日目の演目は

   小袖曽我

   土筆

   羽衣

   天鼓

 

17時半から約3時間

 

時折 激しい蝉の声と、賑やかな救急車のサイレンをバックミュージックに

都会での薪能を楽しませて頂きました。

 

 

 

 

お土産に頂いた 薪能の団扇 ちょっと嬉しい!

 

 

夏の夜の一時、夏バテ気味でしたがすっかりエネルギーチャージ、

来年は天神祭の「能船」に乗せてもらいたいと思ったりしています。

 

 

 

 

 

 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

*** MEG建築設計事務所 from神戸/女性建築家 矢代恵 ***  

      MEG建築設計事務所 HP 

      矢代恵のコラム  

 

 

 

 

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>